池袋の風俗嬢にとって早漏かどうかは特に問題ではない

早漏はある程度訓練で克服することが出来ると言われています。セマンズ法のような克服方法もあるようですが、その前に「自分は早漏のようだ」と思い込んで、自身を無くしてしまっている人も多いのではないでしょうか?

確かにセマンズ法は一定の成果が期待できるようですが、パートナーに強力を得ることで達成する方法です。双方が余程精神的な繋がりが構築できたあとでないと、協力は得られませんよね。

そこまでに至る前に「初めてその人とセックスしたときにがっかりさせてしまい、そのあげくに興味を失われてしまった」なんてことがあれば、そこで終わってしまうわけです。

またパートナーが出来るとそれに甘えが出てしまい、「自分だけ満足して終わる」ということの申し訳なさも薄れて、向上心を持たなくなることも考えられます。

相手はいつでも不満足で終わるのですから、高じて不仲になるなんてこともありますよね。風俗嬢は自分が快感を得ることを目的にしていませんから、早漏であることに不満足を持ちません。

かえって「ラッキー!」と思う風俗嬢はいるかも知れません。でも「こんなに早かったら、なんか申し訳ないなぁ」と思ってくれる心優しい子も多いもの。

そこで風俗嬢に「早漏過ぎて恥ずかしいので、ちょっと訓練に協力してくれないだろうか」とお願いしてみるのもいいかもしれません。

セマンズ法は手などで刺激をされて、射精感が高まったときにやめてもらう、ひたすら我慢。それを3回ほど繰り返して4回目でフィニッシュするという方法です。

そんなのってパートナーに成り立ての女性にお願いできませんよね。確かに自分でもできそうですが、自分でするのと「対女性」の時の興奮は度合いが違います。

自分の時なら巧くいったのに!となってしまいます。やはり実践が一番です。また前戯などで女性に充分な満足を与えてしまうと、挿入時間は余りかからずにオーガニズムを与えることができます。

相手がどうしてほしいのかな?という思い遣りの気持ちを持ってテクニックを磨くことで、早漏でも相手に大きな会館が与えられるということです。

「どうしたら気持ちがいいの?」と直接訊いたとしても、それに堂々と答えてくれる女性なんて、一般女性ではなかなかいませんよね。

風俗嬢の中には親切に教えてくれる優しい人もいます。性感帯には個人差がありますが、相手の様子を観察すれば「これが気持ちがいいんだ!」ということも分かってきます。

「訓練する」「鍛える」という目的で、風俗を利用するのはかなり有効です。